2019年04月24日

変形性膝関節症の痛みはお風呂でわずか三日後に効果?!

902967.jpg

歳には勝てず、自分もさいきん膝が痛み出してきました。
周りにも膝に痛みを抱えている人が何人もします。
その多くは変形性膝関節症というもの。


軟骨が減って痛みが走る変形性膝関節症とは


膝の関節の中には軟骨があります。
でも、長いこと頑張ってくれている間に少しずつ軟骨が減って、そのうち骨どうしがこすれるようになります。
こうなると痛くて階段の登り降りはもちろん正座もできなくなってしまいます。
それがね、痛みがなくなって、階段スタスタ、自転車スイスイっていう高齢の女性がテレビに登場したんです!!
そもそも、ひさの軟骨が減っているんだから、たった三日で軟骨が再生するとは思えません・・・それって一体どういうこと??



それは昨日の『たけしの家庭の医学』という番組。
こんなに劇的に改善するもんか??と疑いながらも目が放せなくなりました!
今回はその方法をご紹介しますね。


978480.jpg


膝の痛みを感じるのは個人差がある


膝の軟骨は残念ながら、元に戻ることはないそうです。
でも不思議なことに、軟骨の減っている人でも、痛みをあまり感じない人もいるということがわかったのです。
つまり、同じくらい軟骨が減った人でも、痛みを感じる人もいれば感じない人もいるのです。



痛みを感じるのは脳から脊髄を通って送られる『痛い』という信号が過敏な人ということになるそうです。
ということは、その過敏な信号を落ち着かせてやることが大事になるわけです。











115608.jpg

お風呂で行うストレッチで痛みが軽減!



そこで番組では、痛みを軽減するためのストレッチ、『太もも力こぶ運動』を紹介。
1)方法は、まずお風呂に入って背中を浴槽の壁にぴったりつけてから、膝が曲がった状態で足を伸ばします。
もし、足が届かない場合は、背もたれに、オケとか何かを挟めると良いですね。


2)そして、足の裏も浴槽の壁にぴったりくっつけます。

3)両足に力をいれて、浴槽の壁を押して5秒間キープ。
コツは浴槽の壁を押している時に太ももに力こぶを作っているイメージで行うこと。


3)これを毎日20回くらい繰り返す。
この方法を繰り返すことで、脳から送られる痛みに対する過剰な感覚を弱める効果があるそうです。




3日後には効果が!!


番組では、嘘か本当か、その女性は今では自転車スイスイ、階段スイスイ何です。
疑いマナコで見てしまうところもあるけど、本当にそうならやってみたいです!!

さらに番組では、あの急な石段が続く ”こんぴらさん” にきていたお婆さんにも密着。
お婆さんは、膝が痛くてこんぴらさんの石段を、時代劇でよく登場するカゴに乗って登っていました。
それでこの方法を試してもらったところ、何と膝の痛みが改善!!
今度は自分の足で、こんぴらさんの急な石段を登ったんですよ!!


とにかくこれは試していたいですね!





PR













PR








posted by らくあま at 23:01| 暮らし